容姿が良いと生きやすい現実。

それは人間も動物も金魚も同じ事のようです。
金魚も極わずかな確率ですが容姿が良いと高値になるらしく、大事に育てられるようです。

私は容姿が悪いので、同時に世間の評価も対応も悪いです。
美人な人と一緒に出掛けるとそれが一目瞭然なのです。
見つめてくる目がまず違います。それはよく気持ちがわかります。
しかしもう少し話していると、私には話をしておらず完全に蚊帳の外です。
それが毎回なので、もう慣れました。

田舎の方に行くとまた顕著なもので、見た目が綺麗な人はそれだけで待遇が良いです。
あの子は気立ての良い御嬢さん、綺麗で笑顔が可愛くて良い子だよって事になります。
それは疑惑があっても、意外だと疑惑の時点では評価を下げる事はありませんが、悪い容姿だと、あの人はそうゆう悪い事やりそうだしやってもおかしくない顔しているという感じになるのです。

私は見た目が良い人との方が関係を築くのがしんどいです。
一緒にいると比べられるというのもありますが、性格も結構自分本位です。
そして綺麗なものしか受け入れません。
私と一緒にいても上の空、気を遣う事もほとんどありませんが、綺麗な子が一緒だと褒めちぎります。
この明らかな態度、容姿が良い人は差別している自覚はなくとも、私は感じてしまうので付き合いづらいです。

しかし見た目にコンプレックスを抱えながらも頑張っている人、この人とは少しわかりあえる所があるようで話しやすいです。
一概にそうであると決めつけられないですし、逆もよくあります。

一つ言えるのは私がつきあいやすいとかどうでもよくて、稼げる人生かどうかというと、それは絶対的に容姿が良い人の方が稼ぎが良いです。

まず出来る仕事の量が多いです。容姿が良いというだけで気に入られたり、未経験でも容姿が良いというのが才能だと見極めて採用したりなどよくある話です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ