自動車保険で認められた費用の事例

【葬儀費用】

1.会社員(男・47歳) の葬儀費用として120万円を認めた事例(平成6年7月8日裁定)
2.高校2年生(女・17歳)の葬儀費用として120万円を認めた事例(平成6年日月25日裁定)
3.会社役員(男・65歳)の葬儀費用として120万円を認めた事例(平成7年1月26日裁定)
4.パート主婦(女・57歳)の葬儀費用として120万円を認めた事例(平成7年3月28日裁定)

【器具購入費】

1.松葉杖代金として5356円を認めた事例(平成7年1月初日裁定)
被害者・大学院1年生(男・24歳)

2.コルセット代として4630円を認めた事例(平成6年9月お日裁定)
被害者・会社員(女・26歳)

【文書費】

これは保険請求のための診断書などの事故に関連した文書にかかわる費用のことです。

1.診断書料として4120円の支払いを認めた事例(過失相殺前)(平成6年7月7日裁定)
被害者・兼業主婦(女・70歳)

2.文書料として3090円の支払いを認めた事例(平成6年4月27日裁定)
被害者・無職(女・34歳)

【被服・着衣費】

1.交通事故により眼鏡の損害として4万1200円を認めた事例(過失相殺前)(平成6年4月5日裁定)

2.事故による汚れた服のクリーニング代として2224円の支払いを認めた事例(平成6年12月13日裁定)
被害者・重機運転手(男・25歳)

3.服の損害費用として1万5000円を認めた事例(平成6年7月1日裁定)
被害者・地方公務員(男・43歳)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ